トップページ > ノイズ低減処理

ノイズ低減処理Noise reduction

 アナログ音源をデジタル録音すれば、それだけで音質が改善されるわけではありません。アナログ音源をデジタル録音すると、アナログ音源のコンディション、例えばレコード盤面の傷・汚れ・変形の状態や、アナログ再生機器のコンディションを総合的に反映したアナログ再生音をデジタルデータとして記録します。つまり、アナログ音源から生じるノイズもデジタル音声データとして記録するのです。

  参考:品質とノイズ

 音源データをデジタル化する利点は、デジタルデータは物理的な劣化が起きないこと、音声を数値として扱えること=視覚化して編集することが可能になることです。そこで、アナログ音源をデジタル録音したデータからノイズデータだけを抽出して取り除くことができれば雑音のないクリアーな音を蘇らせることができるのです。

 以下にデジタル録音した生データと、ノイズ低減処理したデータの例を示します。

デジタル録音した生データ

クリックノイズを除去したデータ

更に、背景ノイズを除去したデータ

 

 どのようなノイズでも全て取り除けるわけではありません。例えば、テープヒスノイズのようにアナログ音源の背景に常に存在しているノイズを本来の音声信号から完全に分離して取り除くことは出来ません。このようなノイズを過度に取り除くと本来の音声データの音質が変わってしまうことになります。
 DFKのデジタル化サービスでは、明らかなクリックノイズとテープヒスノイズなどの背景ノイズを取り除くことでクリアーな音を蘇らせます。ただし、ノイズ低減処理による音質の改善は、アナログ音源の状態に依存しますので、ご了承ください。

こちらもご参照ください。
Copyright(C) 2013 DFK All Rights Reserved.